特定非営利活動法人プラスワン

平成24年7月  法人登記

平成25年6月  多機能型事業所としてスタート

         就労移行支援事業所「えみふる」(定員12名)

         放課後等デイサービス事業所

         「子どもサポートハウス おむすび」(定員10名)

 

就労移行支援事業所

通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる障がいのある方につき、概ね2年間の利用期間において、通いながら生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供を行い、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じ、適性にあった職場への就労につなげる事業です。また就職後の定着に必要な支援も行います。

 

cafeしえるでの調理部門、スィーツ部門、キッチン部門では、技術習得が目的ではなく、作業能力態度の向上など就労に向け必要スキルの習得に重点をおき支援しています。

(1)遅刻・欠勤をしない、(2)職場でのあいさつや言葉遣い、(3)質問・報告、(4)就労意欲の向上など、就業に欠かせない基本的な要件をクリアしていきます。

また、小松菜栽培(ハウス)の会社に出向いての施設外就労も同様に、基本的なスキル向上のための場として仕事をさせてもらっています。

放課後等デイサービス事業所

平成24年4月1日、障碍者自立支援法・児童福祉法等の一部改正により、どの障害の人も共通のサービスを利用できるよう制度が一元化され、施設・事業が再編されました。

放課後デイサービスは、障がいのある(療育が必要と認められる)子どもたちの学齢期における支援の充実のため創設されました。

 障がい児の学童保育と表現するとわかりやすかもしれません。

 障がいのある子どもたちに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、放課後等の居場所、また、レスパイトケア(ご家族に代わり一時的にケアを代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービス)としての役割を担っています。

おむすびブログ

ブログ引っ越しました。

http://www.plusone-sieru.com/npo法人プラスワン/放課後等デイサービス-おむすび/ブログ/